Subscribe to RSS feed

日進木工

飛騨の匠の心を現代に

シンプルで美しい、モダンな家具がほしい。触れた手に温かくなじむ、人に優しい家具がほしい。つくり手の顔が見える、安全ですこやかな木の家具がほしい。—–いつの時代も変らぬそんな「思い」が日進木工のものづくりを支えています。その原点は、1300年の昔「飛騨の匠」と呼ばれた職人たち。飛鳥、平城京、平安京の都で、宮大工として技を磨いた匠たちは美しく堅牢な建造物を数多く生み出した後、故郷・飛騨高山にその卓越した技術を遺しました。優美で上質な造形に憧れた彼らの「思い」と「技」は、飛騨高山の文化をかたちづくるものとして、今なお色濃く息づいています。日進木工は匠の伝統を受け継ぐこの飛騨高山の地で、日本のモダン家具をつくることにこだわり続けています。恵まれた飛騨高山の自然環境の中、優れた職人の手で丁寧につくる家具。衣食住すべてに「つくり手の顔」が求められる時代だからこそ、人が主役のものづくりを大切にしたいと考えているのです。人が育て、人がつくり、人が使うために——日進木工が求め続けているのは飛騨高山の伝統文化と技術に支えられた、現代のモダン家具なのです。

ホームページへ移動